post by admin | | 0

うなぎの血液は毒

ビタミンやミネラルが多く含まれ、元気がでる食べ物といわれているうなぎの血液には毒が含まれている。
「イクシオトキシン」という毒素で、目に入ってしまうと結膜炎になったり、口に入ると中毒症状を引き起こしたりすることがあるそうだ。
しかし、この成分は加熱をすると毒性がなくなるので、蒲焼などは安心して食べられる。
しかし、最近では「うなぎの刺身」をメニューに置く店もあるそうだ。
ちなみに味は、臭みがなくて淡白で食べやすいらしい。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です