お酒を飲むと酔う理由

酔いの仕組みを分析すると、飲まれた酒は消化作用とは無関係に、胃腸の粘膜に、ストレートに吸収されます。

次に血液中に溶け込み、血液によって肝臓に運ばれ、肝臓で分解されます。

この分解はアルコール代謝と呼ばれる物ですが、腸管などで吸収・分解されていく間に、アルコール成分はアセトアルデヒドというものに変化します。

酔いの正体はこのアセトアルデヒドなのです。

これが血流とともに脳細胞に作用して脳細胞の機能をマヒさせるのです。

しかも、アルコールの中の二酸化炭素は脳細胞を酸欠状態にさせるので、脳細胞はダブルパンチを受けた格好になります。

「酔い」とはこうして起こる、大脳皮質の機能低下、つまり理性がマヒした状態なのです。
<iframe src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=meme995-22&o=9&p=8&l=as1&asins=B0070PMLIC&ref=qf_sp_asin_til&fc1=000000&IS2=1




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です