すき焼きの由来

この「牛鍋」が「すき焼き」とよばれるようになったのは、諸説あります。
江戸時代の料理、「鋤焼き」からという説があります。
鴨やカモシカの肉を、古い鋤(すき)の上で焼いて食べる料理に由来しているという説です。
また、肉や魚を薄く切ったものを「剥き身(すきみ)」ともいいますが、この剥き身を鍋で焼くから「剥焼き(すきやき)」という説もあります。
なんにせよ、新し物好きでアレンジ上手な、日本人らしい発想から生まれた「すき焼き」が一般に浸透して、代表的な料理になるのも当然ですね。
だっておいしいから。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です