ちびまる子ちゃんの最終回

国民的アニメ「ちびまる子ちゃん」の最終回をご紹介しよう。

ある日、さくら一家が大掃除をしている最中、タンスの中から数枚の株券を発見する。
この株券は今は亡き友蔵が生前から大切に保管していたもので、よく調べてみると株価が激しく高騰してとんでもないことになっていたのだ。
すぐにさくら一家はこの株券を売り、貧乏から一転して大金持ちへとなる。
その結果、平屋の家は大豪邸となり、二人の娘も大学への進学ができるように。
まる子は上京して大学を卒業した後、長年の夢であった漫画家へとなったのだ。

このように、「ちびまる子ちゃん」の最終回はとてもハッピーエンドな内容なのである。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です