post by admin | | 0

イクラはロシア語

鮭の卵をばらした鮨のタネとしても広く知られるイクラの語源は、ロシアがルーツだ。
元々は、ロシア語で「魚卵」または「小さいつぶつぶ」などの意味になる。
ロシアではイクラのほかに、キャビアやタラコなど、魚卵とされるものすべてが「イクラ」と呼ばれ、イクラは「赤いイクラ(クラースナヤ・イクラー)」、キャビアは「黒いイクラ(チョールナヤ・イクラー)」、タラコは「メンタイイクラ」とされている。
ちなみに、「明太子」の「メンタイ」も、「スケトウダラ」という意味である。

<iframe src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=meme995-22&o=9&p=8&l=as1&asins=B0036UG6IQ&ref=tf_til&fc1=000000&IS2=1




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です