post by admin | | 0

イチゴの実は小さいツブツブ

イチゴの実は、あの赤くて甘い部分だと思われがちであるが、その部分は茎の先が大きく膨らんだもので、花の土台とされる「花托(かたく)」という名称だ。
そして、「イチゴミルク」などの飲み物では取り除かれているあのブツブツ部分が本来は実であり、更にその中に種が入っている。
このような果物を、果実の集まりだが、果実そのものではないので「偽果(擬果)」といわれている。
イチゴ以外にも、ナシやリンゴ、イチヂクなどもそれである。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です