キリンは1日中ボンヤリしている

キリンは首が長いため、他の動物のような呼吸をしていては、空気が肺に届くまでに時間が掛かり過ぎて、肺の中を絶えず空気で満たしておくことが出来ません。
そのため、人間の8倍ほどの肺で素早く呼吸を繰り返しています。
従いまして、夜になってもゆっくり眠れるのは20分ほどしかないため、キリンは慢性的な睡眠不足となっており、1日中ウトウトして意識もボンヤリしていると言われています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です