サンタクロースが赤い服を着ているイメージは、コカコーラ戦略

もともとは妖精サイズのサンタクロースを、等身大のサイズに拡大したのは米コカコーラ社の宣伝部だったのです。コカコーラ社は、同社のイメージカラーである「赤」をサンタクロースの衣服に重ね、サンタクロースがコカコーラを飲んでいるイメージのポスターや広告を大量に作成して、ブランドイメージの浸透を図ったのです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です