スリーパー効果

最初はまったく信じていなかった、信憑性の低い人の発言の説得効果が、時間が経つにつれて上がっていくという心理効果。

人は、メッセージの情報源が信頼できないとわかると、その主張を信じなくなる。
しかし、時間が経過すると共に情報源についての記憶は薄れて、メッセージの内容だけが記憶に残ることがある。その場合、それまで抑制されていた説得効果が表われるという。
使えるちょいワザ! 「他人の心理」が面白いほどわかる!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です