post by admin | | 0

トンネルのライトが、オレンジ色の理由。

オレンジの光の波長は長く、より遠くまで照らすことができます。
特に、トンネルの多い高速道路などではトンネルの全長距離が長いものが多いため、排気ガスやホコリなどがこもりやすくなります。

その分、見通しも悪くなりますので追突事故を防ぐためにオレンジ色の光で遠くまで照らす必要があるわけです

ただし、オレンジ色だと全てを単色で映し出すということになり、色による見分けが付きにくくなるため、歩行者の多い一般道のトンネルなどでは色が自然に見える白色光を採用しているものが普通です

つまり、一般道路と違って高速道路では、透視性に優れている方が大事だという事です。

他にも、「灯りに虫が集まらない」「安くて長持ちする」など、
オレンジ色のナトリウム灯にはメリットがあります。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です