post by admin | | 0

ドーナツに穴が空いている理由

そのドーナツの名前の由来は、ダウ(小麦粉)を使ったナッツということからきています。ナッツは栗ですから、もともとは栗の大きさくらいの小さな丸いお菓子でした。17世紀のころは、栗くらいの大きさの油で揚げた丸いお菓子がドーナッツだったのです。そのころのドーナッツは、真ん中に穴は空いていませんでした。

1847年、アメリカのメイン州に住んでいたハンソン・グレゴリー船長は、ドーナツの真ん中が半生にならないようにするためには、真ん中に空洞を作ればいいということを思い付きました。これが、現在の真ん中に穴が空いているドーナツの元となった訳です。

ドーナッツの真ん中に穴を空けるだけの発想といってしまえば、大したことがないように思われるかも知れませんが、アメリカのメイン州のロックボードという町には、ハンソン・グレゴリーの穴あけの業績を称えて、今でも記念碑が立っています。ドーナツに穴を空けた人が称えられて記念碑が立つなんて、アメリカらしくていいですね。

20121130-223712.jpg




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です