post by admin | | 0

ビールの泡が多いことで裁判になったことがある

ビールの泡が多いことで裁判になったことかある。

1940年東京都上野のビアホールで「泡が多すぎる」と客が抗議した事から、警察が「生ビールの仕入れ量より売り上げた量が異常に多い」ことで法令違反の疑いがあるとしてビアホール会社を検察が起訴した。

しかし、裁判で酒学の権威と言われた坂口謹一郎が「ビールの泡はビールよりもアルコール濃度が高い」と証明し、

1944年『ビールの泡もビールと認める』と無罪の判決が下された




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です