post by admin | | 0

フィーリンググッド効果

ピーナッツを食べたり、コーヒーを飲んだりしながら評論を読んだ人と、
何も口にしないで読んだ人の違いを調査したところ、
何かを口にしながら読んだ人の方が評論の意見に賛成するケースが圧倒的に多かったと言う事です。
この実験から、「人は何かを食べたり飲んだりしているときは説得されやすい」という結果が認められました。
心理学・入門 --心理学はこんなに面白い (有斐閣アルマ)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です