post by admin | | 0

ブス、と呼ばれる理由

夏になると、紫色の美しい花を咲かせる「トリカブト」という植物があります。
この花には、猛毒が含まれていて、昔の人はこの毒をとり出し、矢の先につけて動物を射止めたのです。
この毒矢に当たると、大きな熊が、一瞬のうちに倒れたといいます。
このトリカブトから採った毒のことを「付子」(ぶす)と呼んでいました。

このブスが傷口に入ると、脳の呼吸中枢が麻痺してしまい、感情や思考力が停止し、まったく無表情になってしまいます。

そこで、この無表情になった状態のことを「ブス」だといい、それが転じて無表情の人、美しくない人の事を「ブス」と呼ぶようになったというわけです。

ちなみに、この「付子」は鉄砲が入ってくると、武器としては使われず、漢方薬として重宝がられるようになりました。

ほんのわずか摂取すると、強心剤や強精剤としての効果を発揮したのです。

昔、トリカブトを使った殺人事件がありましたね・・・




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です