post by admin | | 0

ブルー・ジーンズ(Gパン)か青い理由

すっかり私たちの日常生活に定着したジーンズですが、その魅力の一つにあのインディゴ・ブルーと呼ばれる独特の青の色調があります。
その名の通りインド産の染料でデニムの記事を染めたものですが、この色には、もともと実用的な効用があったようです。

ジーンズは1850年代のアメリカで、ゴールド・ラッシュでカリフォルニアに集まった採鉱夫の間で生まれました。

最初にジーンズを作って広めたのは採鉱夫の一人、リーバイ・ストラウスというひとで現在ジーンズの最大手メーカーになってるアメリカのリーバイス社はこの人が創業しました。

このズボンは最初は生なりのままでしたが、後にガラガラ蛇よけの効果があるといわれるインディゴ・ブルーに染められるようになったのです。

ろくに医者もいない環境で生活する採鉱夫たちにとって、毒蛇や毒虫の恐怖は切実な問題だったのでしょうね。

実際にインディゴ・ブルーがどれくらい毒蛇や毒虫よけとして役に立ったかは判りませんが、この色のズボンを身につけることによって多少なりとも安心感を得ることが出来たのでしょうね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です