プロ野球チーム「中日ドラゴンズ」という名前は、元オーナーの干支

名古屋を拠点とするプロ野球チーム「中日ドラゴンズ」の名前の由来は、主力スポンサーであった中部日本新聞社の杉山虎太郎社長の干支が辰だったからである。
名前が「虎太郎」なので「タイガース」というネーミングも候補に挙がったが、大阪ですでに使われていたのだ。
のちに、1951年に名鉄が資本参加をして「名古屋ドラゴンズ」と名称を変更するが、3年後にまた中日新聞社に経営が一本化されたことから再び「中日ドラゴンズ」になり現在に至る。

20121201-234915.jpg




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です