メーカーによってサイズが違う理由

JIS(日本工業規格)は数万人の体格調査に基づいて、成人男性用・成人女子用・少年用・少女用などの用途ごとに服のサイズを規定しています。
しかし、服やズボンやクツなどのサイズはメーカーによって多少なりとも違うため、試着しなければサイズが合っているか判断できません。

このようなメーカーによるサイズの違いが出るのは、JISの規格はあくまで身体寸法であって、服のサイズではないからです。
例えば、ピッタリのサイズの服を作った場合と、ゆったりとしたサイズの服を作った場合とでは、同じ体型の人が対象でも服のサイズは違ってきます。

という訳で、同じサイズでも、メーカーによって違いがあるため、服などを購入するときは試着が必要になります。
ちなみに、アスリート用のクツは、サイズが合わないと成績にも影響が出るため、左右のサイズが違うクツを販売しているショップもあります。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です