ワインにコルク栓が使われている理由

ワインは、空気を断ち長く熟成させるほど風味が増すお酒。そのため、弾力性と気密性があり、腐りにくい自然素材のコルクは、ワインには欠かすことができません。また、コルク栓の胴に醸造元の焼印が押されているのは、ワインの製造元の証であり、ワインの名刺代わりになっています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です