post by admin | | 0

何故太陽は空気がないのに燃えるか

小学生の時に「物は、酸素が無ければ燃えることはない。」と習うが、

では、何故太陽は酸素のない宇宙空間で燃えているのかというと、

太陽は「燃焼」しているのではなく、原子同士がぶつかって「核融合」しているため。

核融合に酸素は必要ないので、あれだけの熱と光を放つことができる。

<iframe src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=meme995-22&o=9&p=8&l=as1&asins=B00163XEEY&ref=qf_sp_asin_til&fc1=000000&IS2=1




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です