post by admin | | 0

坂本龍馬は、日本ではじめて新婚旅行をした人物

日本ではじめて新婚旅行をしたのは坂本龍馬とその妻、おりょうである。
1866年に起こった「伏見寺田屋事件」で負傷した龍馬に、西郷隆盛が鹿児島県にある温泉での湯治を勧めたそうだ。
怪我の療養も兼ねていたが、温泉のほかに登山をしたり霧島神社にお参りしたりと、2人は新婚旅行を楽しんだそう。
滞在したのは、現在の霧島市にある「塩浸温泉」で、2人が実際に入った「湯治の浴槽」は今でも残っている。
この霧島市では、龍馬ゆかりの宿や観光スポットを訪ねる「龍馬ハネムーンウォークin霧島」というイベントが毎年開かれている。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です