post by admin | | 0

姫路城は23円50銭で売り出されていた

豊臣秀吉が三層の天守閣を築いたことでも有名な姫路城は、明治維新のころ廃藩置県により城として不要のものとなり売却されたことがある。
その当時は、姫路城だけではなく、全国の城が競売にかけられたそうだ。
そして、23円50銭という、今の価値で賃貸マンションの敷金程度で落札されたそうだ。
しかし、買い取った人物は立て壊しにも莫大な費用がかかるなどの問題からこの城を持て余してしまい、権利を手放して国のものとなった。
現在は世界文化遺産にも登録されている。

<iframe src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=meme995-22&o=9&p=8&l=as1&asins=B001E2WEFC&ref=tf_til&fc1=000000&IS2=1




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です