post by admin | | 0

引っ越し蕎麦の由来

引っ越しそばとは、引っ越して来た人が、お近づきの印と、ご近所にふるまうそばのことです。

江戸時代時代あたりにはじまった風習で、

隣近所へは2枚、大家さんへは5枚と差をつけて二八蕎麦をふるまったそうです。

元々小豆の入ったお餅やおかゆを配っていたらしいのですが、当時はまだ高価で、

より安いそばに変わりました。

ただ、生のそばだと、相手がいつ食べるか分からなく、悪くなりやすい。
そこで蕎麦切手というそば専用のクーポン券を配ることも多かったそうです。

(蕎麦屋に持って行くと打ちたて茹でたてと引き換えてくれる)

また、蕎麦を配るようになった経緯には江戸っ子の洒落っ気もあったようです。

そば(近く)に越して来た事にかけて「おそばに末永く」や「細く長くお付き合いを宜しく」といった具合に 蕎麦とそば(近く)をかけて配るようになりました。

<a href=”http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/14d82ee9.b966a8c5.14d82eea.8c4f98f8/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fozawasoba%2f10000000-1%2f%3fscid%3daf_link_img&amp;m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fozawasoba%2fi%2f10000001%2f” target=”_blank”><img src =”http://hbb.afl.rakuten.co.jp/hgb/?pc=http%3a%2f%2fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2f%400_mall%2fozawasoba%2fcabinet%2fimg55415051.jpg%3f_ex%3d240x240&amp;m=http%3a%2f%2fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2f%400_mall%2fozawasoba%2fcabinet%2fimg55415051.jpg%3f_ex%3d80x80″ border=”0″></a>




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です