post by admin | | 0

昔はストライクゾーンが上・中・下に分かれていた

明治の初期、米国人教師H・ウィルソンらによって伝えられた野球は、当初はストライクゾーンが上・中・下に分けてあり、バッターの、

「じゃあ、今日は上で!」

という申告によって、その三つの中からストライクゾーンが一つ決められていた。

また、 当時はフォアボールではなく9個のボールで塁にでるナインボールでした。
ストライクも三つではなく四つでアウト。
野球食




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です