post by admin | | 0

木魚が魚の形をしている理由

そもそも木魚というのは、禅寺で合図に打ち鳴らす魚板(かいはん)から変化したもの。

魚板とは、魚をかたどった木の板で時刻などを報知していたもの。
木魚よりも魚に近い形状をしています。

木魚が誕生したのは明の時代で、江戸時代に日本にも伝来されたとみられている。

そして、木魚が魚をかたどった形をしているのはいつも目を開いている魚は眠らないと信じられており、魚のように眠らないように修行(読経)するという意味がある。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です