江戸時代では、カステラに大根おろしをかけて食べていた

ポルトガルの宣教師とともに長崎にやってきたカステラは、その昔、お菓子ではなくおかずとしても食べられていた。
その食べ方は今からでは思いつかないほどユニークで、大根おろしやわさびをつけたり、鍋に入れたり、水に浸して食べられていた。
ちなみにカステラという名前は、ポルトガル人が「スペインのカスティリアボーロ(カスティリアのお菓子)だ」といったことを、「カスティリア」が名前と勘違いをし、そのまま言葉がなまってカステラとなった。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です