post by admin | | 0

漫画家の新人は連載すればするほど貧乏になる

ハードな週刊連載を1人でやるのは無理。となるとどうしてもアシスタントを雇わないとこなせない。

しかし、新人漫画家の場合、日当で1万円出たら超優遇とも言われる中、アシスタントに一人日当3000円とすさまじい安さに押さえても、2人になれば6000円とドンドン厳しくなっていくそうだ。

赤字状態が解消されるのは、最速で1年半くらい後。つまり単行本が出て、その印税が振り込まれたとき。人気があって売れていれば、突如として毎月大金が入ってくる。
人気が出なくて単行本が出ないとか、そこまで連載が続かないといったパターンだと赤字を抱えたままとなる・・。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です