猫の名前がタマである理由

片手を挙げて客を招くといわれる「招き猫」は、江戸時代に実在した猫をモデルにしたもので、その猫の名前が、タマであったそうです。

なぜか、昔から猫にはタマという名前が多いようです。その由来は諸説あるそうですが、一つは、猫が「玉」でよく遊ぶ動物であるからという説。

また猫は、霊的な動物と考えられていたため、「霊(たま)」「魂(たま)」からタマと猫に名付けられたともいわれているそうです。

「玉のような赤ちゃん」という表現があるように、「玉」には美しい、可愛いというイメージがあり、そこからタマと名付けられたという説もあるそうです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です