男性の性欲が高まる季節

体内時計などの研究で有名なリン・ランバーグ氏の著書「ボディリズム」によると、テストステロンの分泌量は、季節によって大きく変動し、一番多く分泌されるのが10月とされています。
テストステロンは、性欲を起こさせるホルモンで、分泌量が多いときが性欲のピークとなります。
ちなみに、テストステロンの分泌量が一番少ないのは3月で、10月と3月の分泌量を比較すると30%も違うようです。
なお、パリ大学のミッシェル・ラゴギー氏とロスチャイルド財団のアラン・ラインバーグ氏は、医学生と生科学者たちを被験者にして、14ヶ月間かけて性行為とマスターベーションの回数を記録させる実験をしたところ、やはり10月が最も多いという実験結果となったようです。
という訳で、男性の性欲が一番高まるのは、日本では秋ということになるかと…。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です