緑茶も紅茶も烏龍茶も同じ茶葉

その製造法の違いとは、葉の中にある酵素を十分に発酵させるかさせないかによって決まります。

「全発酵」させたものが、紅茶です。これはつんだ葉を棚に広げてしおれさせ、ローラーにかけて汁を絞り出してから、広げてぬれた布でおおいます。
すると、葉の酵素が働いて発酵し、黒っぽい色に変わるのです。

そこで、この葉の色から西洋では紅茶の事を「ブラック・ティー」と呼んでいます。紅い茶というのは、日本と中国だけで紅茶はけっして万国共通の名称ではないのです。
 

また、中国茶は「半発酵」させたもので、発酵の度合いによっていろいろな種類が作られてます。
発酵が部分的なので、その色は緑色ではないけれど真っ黒でもありません。

日本茶は、この発酵がまったくありません。それは、美しい緑色に仕上げる為に製造の第一段階で酵素の働きを止めてしまったためです。
このように、同じ茶の木から作られているにもかかわらず、まったく違った色になってしまうのです。
 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です