post by admin | | 0

缶詰のみかんは薬品で溶かしている


ミカンの缶詰は、一つ一つ皮がむかれていて手間隙がかかっているように見えるが、人間の手が直接関わっている過程は無い。

外側の皮は、蒸気をあてた後に傷をつけてローラーの上を転がすことで取り除かれる。

内側の甘皮は、塩酸などを薄めた弱酸性の溶液で溶かされた後、弱アルカリ性の溶液で中和され、最後に水洗いされて完成される。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です