post by admin | | 0

缶詰の食べ頃

長期間の保存が可能な缶詰。
古い缶詰は当然味が落ちるが、必ずしも新しい方がおいしいとは言い切れない。
缶詰は材料と調味料を高温、高圧で殺菌して作るので、製造直後は成分がうまく混ざっていない場合がある。
なので魚介類は1年後、野菜や果物は半年程度経過した缶詰が一番の食べごろといわれている。
天の橋立 かきくん製油漬 105g




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です