post by admin | | 0

象は人間には聞こえない低周波音で会話している

人間には聞こえない低周波音(人間の可聴周波数帯域下限である約20Hzのそれ以下)で会話していると言われ、その鳴き声は最大約112dBもの音圧(自動車のクラクション程度)があり、最長で約10km先まで届いた例もある。加えて、象は足を通して低周波を捕えられることも確認された。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です