郵便局の〒の由来


明治20年(1887)、当時の逓信省(ていしんしょう-当時、郵便や通信を管轄する中央官庁)が
TEISHINSHOUの頭文字をとって、逓信省の記章を「T」としました。

しかし、この「T」というマークは外国では郵便料金の不足をあらわす記号だったため、11日後に「T」を「〒」と訂正したのです。
ちなみに「〒」は「テイシンショウ」の「テ」を図案化したものです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です