post by admin | | 0

金属バットの中身

金属バット自体はパイプ構造ですが、中はがらんどうではなく発泡ウレタンが詰まっています。

なぜなら、パイプだけだと打球音が耳障りな金属音になるからだそうです。

発泡ウレタンを詰めることによって、木製バットに近い打球音になっているのです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です