関東のつゆの味が濃い理由

関西の人が東京のソバ屋に入ると、出てきた丼の中のつゆが黒いことに驚きます
「なんやねん、これ!くろうて、かろうてとても食えたもんやおまへんがな」
と悪口。

たしかに、関西のうどんのつゆは、薄くて透明感があります。
なぜ、同じ麺つゆでも、関西と関東ではこうも違うのでしょう?

その最大の理由は江戸時代、下総(千葉)の野田というところで、醤油醸造業が盛んになったことにあります。

江戸に、豊富に醤油が出回った為、麺つゆにもふんだんに醤油を使えました 
だからいつしかあんなに濃い味になってしまったというわけです。

せっかちできっぷのいい江戸っ子は、刺激の強いものを好んだでしょうから
醤油味の濃い料理は、まさに江戸っ子向きだったといえますね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です