post by admin | | 0

黄身が2つある卵、黄身のない卵


黄身の2つある卵は二黄卵と呼ばれ、卵を産み始めたばかりの排卵の周期の安定していない若い鶏から生まれることが多いそうです。

大きさも重さも普通の卵よりかなり大きいので、出荷段階で除かれる場合が多いです。

ただし、その珍しさから縁起物として高く売られている場合もあります。

さらに、白身のみの卵。

卵は、先に黄身が作られて、後から白身、殻が回りに作られます。

ところが、血の塊、組織の一部などが卵管の中に入り込むと、黄身と勘違いして卵にしてしまうことがあるのです。

そうすると、白身だけの卵が出来上がるのです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です