Category Archive: 心理学

post by admin | | 0

結婚式場のじゅうたんが赤い理由

結婚式場のじゅうたんが赤いのは時間を長く感じさせるため
最近の結婚式には、決まった時間内にケーキカット、乾杯、スピーチ、何回ものお色直し、キャンドル・サービス、余興など、次から次へとイベントが繰り広げられる。が、会場が赤っぽいと出席者はそれほどあわただしいとは感じないとのこと。

スリーパー効果

最初はまったく信じていなかった、信憑性の低い人の発言の説得効果が、時間が経つにつれて上がっていくという心理効果。

人は、メッセージの情報源が信頼できないとわかると、その主張を信じなくなる。
しかし、時間が経過すると共に情報源についての記憶は薄れて、メッセージの内容だけが記憶に残ることがある。その場合、それまで抑制されていた説得効果が表われるという。
使えるちょいワザ! 「他人の心理」が面白いほどわかる!

post by admin | | 0

ハロー効果

ある対象を評価をする時に顕著な特徴に引きずられて他の特徴についての評価が歪められる現象のこと。
認知バイアスの一種である。
一般にポジティブな方向への歪みを指すことが多いが、ネガティブな方向へのハロー効果も存在する。
ハローとは、「後光が差す」と言う時の後光、聖像の光背や光輪のことで、後光効果、光背効果とも呼ばれる。

post by admin | | 0

マインドコントロール

いきなり「○○会に入りませんか?」「××が教祖です」と言われても、一般に人は心理的抵抗を感じるが、
「お時間あります?」「手相の勉強をしています」「ちょっとだけ時間ください、ここでいいですから」「お金はかかりません」「そこの喫茶店で30分だけ話を聞いてください」「やってみなければ、わからない」
という誘い方をされると、心理的抵抗感が薄れやすくなる。
このような心理を利用した勧誘テクニックのことを、まず受け取りやすい低いボールを投げることからローボールテクニックと呼ぶ。
投げられるボールは適当な期間を置いて、少しずつ高くなっていく。
最初は無料チケットで絵画展やコンサートに誘い、次の誘いに応えやすい心理が作り出される
(団体への勧誘する目的などは、当初、意図的に伏せられる場合が多い)。
心理学・入門 --心理学はこんなに面白い (有斐閣アルマ)

post by admin | | 0

ミラーリング効果

理屈ではなく対人関係上の基礎的な知恵として、自分と同じ事をしようとする人や、自分が興味を持っている事に関心を示す人がいれば、
「自分に対する好意を持っている人。それを隠そうとしない可愛い人」
と意識してしまう感覚が備わっているはずです。

post by admin | | 0

シンメトリー効果

歪みやズレを感じさせない左右対称の物・人に対し、「美しさ」や「安定感」、「誠実さ」や「本物感」などを感じ取る効果の事。

「シンメトリーな男は・・・」などの表現で、時折り女性雑誌などで特集が組まれる事がありますが、その説明として利用される機会が多い観察実験です。
ニューメキシコで行われた観察結果により、「対称性が高い男性ほど女性に好まれる」と結論付けて発表されました。

post by admin | | 0

カクテルパーティー効果

カクテルパーティーのように、たくさんの人がそれぞれに雑談しているなかでも、自分が興味のある人の会話、自分の名前などは、自然と聞き取ることができる。
このように、人間は音を処理して必要な情報だけを再構築していると考えられる。この機能は音源の位置、音源毎に異なる声の基本周波数の差があることによって達成されると考えられる。
つまり、このような音源位置の差や基本周波数の差をなくした状態で、複数の人の音声を呈示すると、聞き取りは非常に難しくなる。
心理学・入門 --心理学はこんなに面白い (有斐閣アルマ)

post by admin | | 0

ザイオンス効果

単純な接触の回数が増えれば、感情に影響を与えるということ。

ただ会うだけでも、何度も会ううちに好意が生まれる。
最初に聴いたときはピンと来なかった音楽が、何度か聴くうちに良い曲に思えてくる、など。
精神分析が面白いほどわかる本―人間のアブナイ本能が見えてくる絵解き入門書

post by admin | | 0

吊り橋理論

実験は、18~35歳までの独身男性を集め、渓谷に架かる揺れる吊り橋と揺れない橋の2ヶ所で行われた。
男性にはそれぞれ橋を渡ってもらい、橋の中央で同じ若い女性が突然アンケートを求め話しかけた。
その際「結果などに関心があるなら後日電話を下さい」と電話番号を教えるという事を行った。
結果、吊り橋の方の男性からはほとんど電話があったのに対し揺れない橋の方からはわずか一割くらいであったというものである。
揺れる橋での緊張感を共有した事が恋愛感情に発展する場合があるという事になる。
心理学・入門 --心理学はこんなに面白い (有斐閣アルマ)

post by admin | | 0

フィーリンググッド効果

ピーナッツを食べたり、コーヒーを飲んだりしながら評論を読んだ人と、
何も口にしないで読んだ人の違いを調査したところ、
何かを口にしながら読んだ人の方が評論の意見に賛成するケースが圧倒的に多かったと言う事です。
この実験から、「人は何かを食べたり飲んだりしているときは説得されやすい」という結果が認められました。
心理学・入門 --心理学はこんなに面白い (有斐閣アルマ)