Category Archive: 魚、海の動物

クマノミは性転換する

クマノミは性転換する群れの中でもっとも大きいものがメスで次に大きいものがオス。その他はどちらにも成熟しない。その後、メスが死ぬとオスが性転換してメスになり、未成熟の中から1匹がオスになる。

post by admin | | 0

ウニの寿命は200年

ウニは200年生きられる200年生きられるウニは、アメリカオオムラサキうに。日本のウニの寿命はおよそ10年。

post by admin | | 0

びうおのようなイカ、トビイカがいる

トビイカは本気を出すと50m飛べるトビイカは頭の三角の部分と足を広げてハングライダーのように飛ぶことができる。
※トビイカ=沖縄県のごく一部で流通。暖かい海に棲み、食用。
沖縄方言では「ヒンガーイカ」と呼ばれる。
一説には100mぐらい飛ぶとも言われているようですが、
飛行距離はだいたい20m~50mぐらい。

post by admin | | 0

水族館にいるサメが他の魚を食べない理由

事前にえさを与えられているため、同じ水槽にいる魚を食べない。サメは他の魚に比べ消費カロリーが少ないので、満腹になるとえさを食べることはない。

post by admin | | 0

流通している鰻の性別

一般に流通しているうなぎはほとんどオス
流通しているうなぎはほとんど養殖。メスのうなぎを見る機会はほとんどない。
それは、天然ウナギは、すべてオスであるため。ウナギは雌雄同体であり、川にいる時期はオスとしての生殖腺が発達する頃にあたるからだ、つまり、ウナギは、オスになったり、メスになったりしながら、成長していき、海に戻って産卵する頃には、メスの生殖線が発達してメスに変わる。

post by admin | | 0

ラッコはお気に入りの石を自慢する

自分のお気に入りの石を他のラッコに自慢することもあり、その石をなくすと食事も喉を通らないことがあるという。お気に入りの石は脇の下のポケットにしまわれているという。

post by admin | | 0

タコとイカの先祖はコウモリダコ。ダイオウイカは数種類居る

この動物は、実際にはイカでもタコでもなく、それらが種として分化する以前に存在した祖形を継承している現生種であると考えられている。 ゆえに、呼称に一貫性が無いのも当然と言えよう。

post by admin | | 0

鯨の潮吹きは呼吸

鯨は呼吸する際、大量の空気の入れ替えを行うため海水を吹き出しているように見えているだけである。

post by admin | | 0

スベスベマンジュウガニは有名だが スベスベマンジュウダニというダニもいる

甲長3.5cm、甲幅5cmほどの小型のカニで、インド洋から西太平洋に分布し、日本では千葉県から沖縄県にかけての太平洋岸の岩礁海岸とサンゴ礁の潮干帯から水深100mまでに生息する。あまりすばやく逃げないので磯遊びなどで見かける機会もある。名のとおり甲は突起物が目立たず全体に滑らかで、丸みを帯びている。体色は赤褐色から紫褐色。灰白色の斑紋がある。鋏の先は黒い。海藻、貝類、ゴカイなどを食べる。
スベスベマンジュウダニ (ダニ目・ササラダニ亜目・マンジュウダニ科)。学名:Conoppia palmicincta (Michael,1884)。日本にも分布。秀逸な和名は命名者による一種の作品でもある。

post by admin | | 0

オジサンという魚がいる

インド洋や西太平洋に分布し、サンゴ礁域や岩礁域に生息する20~30cmほどの魚